原状回復工事なら株式会社ステップ・スリー(東京都足立区)へ。当社は原状回復工事のプロです。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • お知らせ
お問い合わせ 無料見積り

原状回復工事

原状回復工事はお任せください!

株式会社ステップ・スリー TOTAL REFORM & MAINTENANCE
退去立会代行のお問い合わせはこちら
TEL:03-3898-6515 受付時間:9時~18時まで
お問い合わせ 無料お見積り

入居者が退去して空っぽになった部屋。

次の入居者様が気持ちよく新生活をスタートできるようにするのはもちろん、物件の資産価値を維持、あるいは高めるためにも必要です。現在の原状回復工事はできるだけ早く、低価格で行うことが求められています。しかし、低価格の工事とはいえ、入退去の度に同じ工事を何度も繰り返すのは、なんだかもったいない気がしませんか?
当社では原状回復工事のコスト削減のため、汚れのつきにくいクロスのご提案や、不必要と感じる原状回復工事についてのご説明も積極的に行っています。豊富な現場経験を持つ専門スタッフだからこそ、こうした柔軟な対応が可能です。

不動産賃貸における原状回復(原状復帰)とは
賃借人(借りている人)は賃貸借契約終了時に、賃貸人(貸している人)に対して明け渡しの義務を負っており、賃借人はただ明け渡せば良いのではなく、明け渡しの際に借りた時の状態に現状復帰する義務を同時に負っています。
義務の範囲は「賃借人の住居・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損」となります。

一般的にいう原状回復とは
民法上では、「契約が解除された場合に当事者が負担すべき義務内容を指しています(民法545条1項)。
契約が解除されると,契約は最初から存在しなかったものとして扱われるので、契約締結後解除までの間に契約内容の全部または一部が履行されていたとしても、それらはいずれも法律上の理由を欠く結果となり、当事者は互いに元の状態に戻すべき義務を負うこととなります。

原状復帰
  • 「本来の環境・建物などを復元すること」と定義
  • 「原状復帰」と「原状回復」は同義語
原型復旧
  • 言葉の使い方としては主に「災害復旧は、被災施設を原形に復旧することを原則
  • 災害の復旧に対して使用するのが一般的
現状回復
  • 原状回復を指しており、漢字から見る意味合いはなんとなく理解できますが、似て異なる表現で「誤字」
原状回復工事の主な内容
  • ● クロスの張り替え
    壁紙は、室内のニオイを吸収しやすく、直射日光や家電製品によって焼けてしまうこともあります。
    クロスを張り替えることでニオイや汚れを除去できるだけでなく、前の入居者の生活感を一気に払拭して、新居らしい印象を与えます。
  • ● ハウスクリーニング
    専用の工具や洗剤を使ってプロがクリーニングすることで、入居者が住んでいたときに溜まった汚れを落とし、新品のように回復させることができます。

原状回復工事+αのメリット

Blue arrow
  • 短い空室期間

    内装工事を本業にしていた当社が原状回復工事を行うことにより、工事完成・敷金精算までの時間が短縮できます。次の募集がすぐに行なわれることで、家賃収入のない期間を短くし、すぐに収益を確保することが可能です。

  • コスト削減

    リフォーム期間中に、老朽化した部分など、その他の修繕を同時に行なうことで、コスト削減が可能です。

  • 入居率アップ

    オーナー様のご希望により、老朽化した物件、時代に適さなくなった物件等、入居者の視点に立ったリフォームを提案し、入居率アップを狙った工事と原状回復工事を同時に行うことも可能です。

◆ 入居率の増加

入居者の決め手となるのは内覧時の室内の状態です。実際に住む室内がきれいであれば商品価値が上がるため、入居率の増加が見込めるでしょう。

◆ 物件の資産価値低下の防止

物件の定期的なメンテナンスも兼ねています。定期的にメンテナンスを兼ねていて、劣化や損耗など修繕が必要な箇所を発見した場合は、すぐに原状回復工事を行うことが大切です。それによって、物件の資産価値を維持できるでしょう。

◆ ランニングコストが抑えられる

次の入居者が早く決まれば、入居者募集などの広告費をかけずに済むため、ランニングコストが抑えられます。

ご依頼から施工完了までの流れ

ご依頼から施工完了までの流れ
お問い合わせ

お問い合わせ

電話・メール・FAX等、お客様のご都合に合わせて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
  • [電話]03-3898-6515
  • [FAX]03-3898-5878
  • [メール]お問い合わせページはこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
管理会社・オーナー様とお打ち合わせ

管理会社・オーナー様とお打ち合わせ

入居時の書類(敷金礼金・ペット・入居年数・お部屋の大きさ等)の立会時に必要な情報を共有させていただき、立会時に不備のないよう、打ち合わせいたします。

管理会社・オーナー様とお打合せ
入居者様と立会日の調整

入居者様と立会日の調整

入居者様とご連絡を取り、立会日と時間を決めさせていただきます。

入居者様と立会日の調整
退去立会

退去立会

入居者様とお約束した日時に退去立会を行います。
お部屋の状況や入居年数に合わせて入居者様の負担金額を決めさせていただきます。
※現地合意も可能です。

退去立会
お見積り

お見積り

現地調査を行い、お見積りをお出しします。お見積り内容に疑問点などがありましたら、立会スタッフまでご質問ください。
※写真が必要な場合はデジカメで対応し、お見積書と合わせてメール又はデータでお渡しいたします。
※できる限り専門用語を使わず、分かりやすいご説明(見積作成)を心掛けております。

お見積り
打ち合わせ

打ち合わせ

見積内容を精査していただき、ご発注・ご契約となります。

打ち合わせ
施工

施工

お見積りに従って、お部屋の原状回復工事をいたします。
※工期のご指定がある場合は、事前にご相談ください。期日内に納めます。

施工
お引き渡し

お引き渡し

施工が完了しましたら、完了報告書を送付いたします。その後、お引き渡しとなります。

お引き渡し
アフターフォロー

アフターフォロー

施工が終わった後に不備が出てきてしまった場合、迅速に対応させていただきます。

アフターフォロー
レキシントンスクエア曙橋511号室 写真報告書 国土交通省の原状回復ガイドライン グロースメゾン亀戸505号室 写真報告書